Profile

カムイキョウジ

神威狂児(1992~1993)神威杏次(1994~)

1964年生 大阪芸術大学芸術学部 中退

俳優・映画監督・プロデューサー・ライター

※wikipediaでは長らく「脚本家」とされていたが(現在は修正されている)、本人は一度も「職業=脚本家」と名乗ったことはない。

◆略歴

 

1986年(22歳)劇団を結成・主宰。脚本・演出・プロデュース。

1990年(25歳)頃より、office TAKUMI に所属。映像俳優として活動開始。

実質的なデビュー作「特捜エクシードラフト」での狂気の演技が評判を呼び、以後、多数の映画・ドラマ等に出演。特に特撮では「仮面ライダーJ」「平成ウルトラセブン」「五星戦隊ダイレンジャー」「有言実行三姉妹シュシュトリアン」と、当時の主要特撮レギュラーシリーズに。ほぼすべてメインの適役で出演する。

「特捜エクシードラフト」撮影直前に重度の貧血で倒れ危険な状態にあったが、医者のドクターストップをふりきり「自主退院」のうえ、撮影現場では病状を隠して撮影に臨んでいたことは、特撮ファンの間では有名なエピソード。

当時多く製作されていたVシネマでも準主演級を数多くこなす。

1994年 狂児→杏次に改名。

「HERO」「総理と呼ばないで」等、CXのドラマにも多く出演。TVCMでも「東芝」「プチダノン」の2作で主演するなど、一般ドラマでも個性派として活躍。

1997年末、深夜ドラマ「真・女神転生デビルサマナー」のレギュラー出演を終えた時点で、俳優を一旦休業。「JIGSAW」「MOTEL」という題名の2本の映画脚本を手に、監督映画の企画実現に向けて精力的に動き出す。その後、大手映画会社を中心に2作品とも実現の方向で具体的に動き出すまでに至ったが、諸々の事情が重なり、結果的に企画は消滅した。

その間、月刊誌に連載コラム『神威杏次の「天国への階段」』を持つなど、ライターとしての仕事も。

2002年、会社設立(現在は休業)を機に、一旦、すべての芸能活動を休止。

その後も、年間数本に限り俳優出演を続けていたが、2009年の映画「GANTZ PERFECT ANSWER」を最後に、あらためて俳優業を無期限休業とした。

長らく芸能活動を離れ一般の生活を送っていたが、2017年より、映画レビューサイト「映画で語ろう カムシネマ」を執筆・運営。

2018年、「20年前に消滅したままになっていた映画製作の夢をふと思い出し」、突然、20分の短編映画「マイ・ガール」(脚本・監督・撮影・編集)を製作。次いで第二弾『アンナ- Anna-』(30分)を撮影。

2019年 製作映画第3弾として、長編「ハートボイルド・フィクション」を製作。

9月に東京「座・高円寺2」の大スクリーンにてプレミア上映会を敢行。11月には大阪プレミア(十三シアターセブン)が実現。

2020年、長編二作目となる「スモーキー・アンド・ビター」を製作・発表。映画完成の報は「映画ナタリー」に情報が掲載され「yahooニュース」にも転載され話題となる。9月、東京「座・高円寺2」でのプレミア上映を敢行後、10月には横浜の映画館「シネマノヴェチェント」にて、前作「ハートボイルド・フィクション」と共に、悲願の劇場公開が決定。結果的には、映画製作開始わずか二年目、初の長編映画にして劇場公開を実現したことになる。

「スモーキー・アンド・ビター」はその後も、前年に続く大阪シアターセブン上映など、公開館を広げている。

(最終情報:2020年10月)

 

絶対的な存在感と、唯一無二の世界観を武器に、常識に囚われない独創的な方法で活動を続けている。

190cm 75kg

WIKIPEDIA神威杏次 ◀外部ページへ