Profile

カムイキョウジ

神威狂児(1992~1993)神威杏次(1994~)

1964年生 大阪芸術大学芸術学部 中退

俳優・映画監督・脚本家・演出家・プロデューサー・ライター

 

1986年(22歳)演劇集団トラブルキッズ!結成・主宰。脚本・演出・プロデュース。

1990年(25歳)頃より、office TAKUMI に所属。映像俳優として活動開始。

実質的なデビュー作「特捜エクシードラフト」での狂気の演技が評判を呼び、以後、多数の映画・ドラマ等に出演。

1994年 狂児→杏次に改名。

「HERO」「総理と呼ばないで」等、CXのドラマにも多く出演、

1997年末、深夜ドラマ「真・女神転生デビルサマナー」のレギュラー出演を終えた時点で、俳優を休業。「JIGSAW」「MOTEL」という題名の2本の映画脚本を手に、監督映画の企画実現に向けて精力的に動き出す。その後、大手映画会社を中心に2作品とも実現の方向で具体的に動き出すまでに至ったが、諸々の事情が重なり、結果的に企画は消滅した。

その間、月刊誌に連載コラムを持つなど、ライターとしての仕事も。

2002年、会社設立を機に、一旦、すべての活動を休止。

2004年、舞台用脚本「獰猛犬」にて、17年ぶりに小劇場演劇に復帰(脚本・演出)。

2009年の映画「GANTZ PERFECT ANSWER」を最後に、俳優は無期限休業中。

2014年~「獰猛犬~DO-MO-KEN~2014」の再演(脚本・監修)、以後、2017年「虹彩~iris」(脚本)、2018年「獰猛犬」再々演(脚本・監修)等、数本の小劇場演劇に関わる。

2017年より、映画レビューサイト「映画で語ろう カムシネマ」を執筆・運営。

2018年、自身の製作にて20分の短編映画「マイ・ガール」(脚本・監督・撮影・編集)を撮る。次いで第二弾『アンナ- Anna-』(30分)を製作。秋には2本同時の上映会をプロデュース。

独自の活動を続ける。

191cm 80kg

WIKIPEDIA神威杏次 ◀外部ページへ